寝室を掃除する時のテクニック

清潔に保たれた寝室で休むと、いつもよりリラックスできて体の疲れがしっかりとれるものです。

寝室がホコリまみれで汚れたままの状態で就寝してしまうと、寝ている間にホコリを吸い込んでしまい、鼻や喉を痛めたりする恐れがあります。
清潔な寝室は健康維持のためにも大変重要です。

定期的に掃除を行って、寝室をきれいにしておきましょう。


今回は、寝室を掃除する時のポイントについて解説します。


寝室を掃除する時のポイントはホコリ対策です。
ホコリはこまめに拭き取らないとすぐにたまってしまいます。ベッドサイドのテーブルや棚の上は、ホコリがたまりやすい場所です。雑巾で拭き取るのも効果的ですが、ハンディモップを使って掃除するとホコリをきれいに拭き取れます。


ハンディモップはからめ取るようにホコリを除去できるので、舞い上がったほこりが室内に飛び散る心配もいりません。

手にはめて手袋のように使用できるタイプのハンディモップを使用すると、狭い所のホコリもきれいに拭きとれます。


フローリングの床は、フロアワイパーを使って磨いてください。

もちろん掃除機も効果的ですが、電気を使わず簡単に準備ができるフロアワイパーの方が手軽に床を拭き取れます。

ドライタイプのシートでも十分きれいになりますが、週に一度はウェットタイプのシートで床を磨くとより清潔に保てます。
道具類を寝室のクローゼットに収納しておけば、汚れに気づいた時にすぐに使用することができます。

一度に時間をかけてきれいにするよりも、汚れに気付いた時に短時間で清掃したほうがストレスがたまりません。
定期的に掃除をする習慣をつけておかないと、部屋はどんどん散らかってしまいます。


今回は、ものぐさな人でも始められる簡単掃除週間法について解説します。
掃除の習慣を身に着けるには、最初は負担を軽くしておいて徐々に丁寧にしていくのがコツです。

初めから徹底的に清掃しようとするとモチベーションが保てなくなり、三日坊主で終わってしまいます。
重要なのは清掃を丁寧に行うことではなく、少しづつでも続けていく持続性を身に着けていくことですから、ストレスがたまらない作業量をキープするのがコツです。

毎日コツコツ掃除を続けていく習慣を身に着けるのに効果的な方法が、作業時間に制限時間を設ける方法です。

一日のうち決められた時間を掃除にあてるというルールを設けておくことで、わずかでも継続的に続けていくことができるようになります。

最初は3分から5分程度に作業時間を設定し、慣れたら徐々に長くしていきましょう。

それでは短すぎると思うかもしれませんが、重要なのは丁寧に清掃をすることではなく、決められた時間分の作業をこなしたという事実を積み上げて持続性を身に着けることです。
設定時間をオーバーして作業することには問題ありませんから、やる気が出た日だけ念入りに清掃をすれば、自然と部屋はきれいになっていくものです。キレイになるまで終わらないと決めてしまうと、ハードルが高くなり過ぎてしまい、作業を始めるのが億劫になってしまいます。

手抜きであっても毎日必ず決められた時間だけ作業をすることがポイントになります。
作業時間さえ決めておけばモチベーションは下がりにくくなります。

面倒に思う日も出てきますが、決められた時間さえクリアすればいいのですから負担はそれほど重くありません。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1066062495
http://okwave.jp/qa/q5787685.html
http://smany.jp/5761

コウモリの駆除方法はかなり有益な情報が揃っています。

目的に応じてコウモリの駆除情報を厳選して紹介します。

廃船をご提案いたします。

船舶解体の新しい情報です。

ねずみの駆除情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。